俳句で飯坂を元気にする会




 平成最期の年となる今年は、俳聖・松尾芭蕉が「奥のほそ道」の旅で飯坂温泉を訪れて330年を迎えます。飯坂温泉の風土・風情・名所・旧跡などを俳句で表現し、郷土を慈しむ心の醸成と郷土の活性化を趣旨に、賛同する皆さんを会員として「俳句で飯坂を元気にする会」を設立しました。
 また、本会では情報化・少子高齢化等の社会構造の変化による人間関係の希薄化が社会問題となっていることに鑑み、次年度以降も継続した活動を行い、俳句で故郷を愛する心の絆を結びつけてまいりたいと企画しております。



 2019年6月で、芭蕉が来福して330年の記念の年となります。芭蕉ゆかりの地でもある福島市飯坂平野にある瑠璃光山医王寺で、俳句大会を開催する運びとなりましたので、ぜひとも県内外の俳句愛好者の方、また芭蕉や福島を愛するみなさま、学生の方々のご投句・ご参加をお願い致します。

日  時 2019年6月2日(日)
午後12時〜(予定)
会  場 瑠璃光山 医王寺
〒960-0231 福島県福島市飯坂町平野寺前45
(電話024-542-3797)

公式ウェブサイト
賞  品 大会賞「俳句で飯坂を元気にする会賞」、「福島民報社賞」「福島民友新聞社賞」、「飯坂温泉観光協会会長賞」「医王寺賞」、「学童の部秀逸賞」 等(賞状及び盾など)※内容変更の場合あり
後  援 福島市教育委員会・県北俳句連盟・福島民報社 福島民友新聞社
飯坂学習センター・飯坂温泉観光協会
福島テレビ・福島中央テレビ・福島放送・テレビユー福島
選  評 【一般の部】
福島県俳句連盟会長 鈴木正治 先生
県北俳句連盟事務局長 伊藤ユキ子 先生
【学童の部】
新地町教育委員会 教育長 佐々木孝司 先生




投  句 芭蕉やおくの細道、福島や飯坂などの郷土や文化などにちなんだ俳句お1人様2句まで。(未発表作品 前書・ルビ・投句後の訂正不可)コピー用紙可
案内募集チラシの裏面の「投句用紙」に俳句と必要事項を記入して郵送もしくは投句ポストに投函してください。
投 句 料 一般の部・学童の部共に無料
(※但しお1人様2句まで)
投句締切 2019年3月31日(日)当日消印有効
(投句ポストも同日)
投 句 先

郵送の場合

〒960-0231
福島県福島市飯坂町平野寺前45
「芭蕉来福330年記念俳句大会」係

投句ポスト

下記の施設に設置された
投句ポストに投函ください。
❶ 飯坂温泉観光協会
〒960-0201 福島県福島市飯坂町十綱町3
024-542-4241
https://iizaka.com/
❷ 飯坂学習センター
〒960-0201 福島県福島市飯坂町銀杏6−11
024-542-2122
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/
❸ 瑠璃光山 医王寺
〒960-0231 福島県福島市飯坂町平野寺前45
024-542-3797
https://www.iou-ji.or.jp/
❹ 福島市観光案内所 JR福島駅西口
〒960-8031 福島県福島市栄町1−1 JR福島駅西口
024-531-6428
❺ 福島市観光案内所 JR福島駅東口
〒960-8031 福島県福島市栄町1−1 JR福島駅東口
024-522-3265

 


 
一般の部
学童の部
一般の部

鈴木 正治 氏
福島県俳句連盟 会長
現代俳句協会 会長
平成24年 NHK「暮らしの文芸・俳句」
選者として感謝状を受ける
平成26年 文部科学大臣文化功労賞受賞
平成29年 春の叙勲「旭日双光章」受賞

伊藤 ユキ子 氏
県北俳句連盟事務局長
第60回 福島県文学賞俳句部門正賞 受賞
福島県俳句賞選者
学童の部

佐々木 孝司 氏
新地町教育委員会 教育長
福島県町村教育長協議会 副会長